検索ボックス
 

2015年07月29日

北海道民の自動車運転マナー・・・最低です2 [北海道2015]

IMG_0773.jpg

これ、去年も書きましたが、北海道民の自動車運転マナーは、はっきり言ってひどいです。
北海道上陸翌日から、もう目が点ですよ。
小樽築港の交差点で右折しようと思い、一列しかない右折レーンに入って、信号が変わって右折しているわたしの車の左側を、一緒に右折してわたしの車の前にちゃっかり入る軽自動車がいるんですけど。
これは驚きますよ。なぜ右折車の左側を、同じように右折している車があるのか? なにか違う宇宙に迷い込んでしまったような不思議な感覚に襲われます。
お前は交通ルールというものを知っているのか? 習ったことがあるのか、と。

名古屋が「名古屋走り」とか言われてるけど、北海道は名古屋なんか目じゃないです。とんでもないです。
右折車の早曲がりはデフォルトです。ほんとむかつく!
あと、「お前の車にはウィンカーがついていないのか!」と。
冬場の雪のために主要道道(どうどう)は路肩を広くとっており、しかも田舎道は信号もほとんどないために、ふつうの運転テクニックを身につけることができていないのだと思われます。北海道の人は細い本州の道は怖くて運転できないらしい。

他の車に対するドライバーの配慮というのが、本州と比べると数段階低いようです。そういう連中が時速70〜80キロですっ飛ばしています。
そしてまた、危険回避のためには「とりあえず停まる」という概念は、この広い北海道の大自然の中では函養されないようです。前のバスが右折するために右ウインカーを出しているのに、後ろから右側を追い越していく車がいます。狂ってます。
優先道路とかも分かっていないらしい。どーなってんだ?

よほど気をつけて運転しないと、無事に帰れそうにありません・・・
posted by 担当者 at 21:26| 日記