検索ボックス
 

2015年01月31日

23人がインフルエンザに集団感染

 山梨県身延町飯富の飯富病院は26日、今月15日以降、病院内で入院患者ら計23人がインフルエンザに集団感染したと発表した。

  このうち、重い肝不全だった男性患者(76)が16日に死亡し、22日に退院した女性患者(80)は23日に発症して再入院したが、意識不明となったた め、市立甲府病院に転院して治療を受けている。飯富病院では男性患者の死亡について、「インフルエンザが直接の死亡原因ではない」としている。

 発表によると、今月15日、入院中の男性患者2人がインフルエンザの陽性反応が出た。その後も症状の訴えが続き、24日までに入院患者18人、看護師など職員5人がインフルエンザと診断された。

posted by 担当者 at 12:14| 日記

2015年01月20日

安全・確実な漏斗胸手術「筋層下ナス法」を開発

安全・確実な漏斗胸手術「筋層下ナス法」を開発

「どうすればバーの位置異常を防げるのか?」、いろいろ考えた末にたどり着いたのが、「筋層下ナス法」でした。
 ナス法では、大胸筋・前胸筋の筋肉の上の皮下(筋膜の上)にバーを入れています。
 これでは、筋肉が動けばバーがずれるのは当然です。バーがずれると漏斗胸が元に戻ってしまいますし、筋肉が萎縮し て圧迫壊死する可能性もあります。笠置院長は「筋膜にバーのずれを防ぐスタビライザー(安定装置)を結んだくらいでは、バーのずれは防ぎ切れないだろう」 と考えたのです。
 これに対して筋層下ナスでは、筋肉をすべて剥離して、その下にバーを入れた上で、肋骨に糸をかけて左右の肋骨それぞれ2カ所で縛ります。そうすればずれることは絶対にありません。

posted by 担当者 at 09:25| 日記

2015年01月18日

バーを入れる漏斗胸手術(Nuss法一期的手術)

バーを入れる手術(Nuss法一期的手術

まず漏斗胸患者の胸の両脇を2カ所、2.5cm切開します。
体軸に垂直に、皮膚切開をしているところです。身体の上に描いている線は、術前にバーを入れる部分や肋骨の位置を示すマーキングです。
 肋骨の前面に筋層切開を行いました。

1回目の漏斗胸手術のあと

筋層下ナス法による漏斗胸手術の術 後の経過は、例えば水曜日に手術をした方であれば、術後7日目の、翌週の木曜日に退院するのが普通のパターンです。退院後は、松山に2泊していただき、2 日後の土曜日に外来受診となります。その後外来を受診していただいて血液検査、レントゲン、CT.心電図、呼吸器機能の検査をしていただいた後、お帰りい ただけます。

バーを抜く手術(二期的手術・バー抜去術)

大人の方であれば漏斗胸手術から3年後、お子さんであれば2年後、いよいよバーを抜く手術を行います。
 前日に当院にお越しいただいてまず血液検査、レントゲン、心電図、呼吸器、心エコーの検査を行い、それから入院していただきます。
翌日が手術日です。
posted by 担当者 at 12:52| 日記

2015年01月02日

日本再生医療学会、再生医療知識に習熟した認定医379人認定

日本再生医療学会(理事長=岡野光夫<てるお>・東京女子医大特任教授)は23日、cと、細胞の調整・培養に一定の技術がある臨床培養士69人を初めて認定した。認定制度により、患者が安全に治療を受けられる体制整備を目指す。
posted by 担当者 at 09:46| 日記

2014年12月16日

臨床研究データ改ざん問題、慈恵医大の最終報告書

 高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究データ改ざん問題で、慈恵医大は12日、「不適切なデータから誤った結論が導かれた」とする調査委員会の最終報告書を発表、研究責任者だった望月正武元教授の客員教授の肩書を取り消した。栗原敏理事長、松藤千弥学長はそれぞれ給与の20%、10%を3か月間自主返上する。

 最終報告書は、高血圧治療薬の効果の比較で、望月元教授がディオバンに結果的に有利になるような偏った患者のデータを提出したと指摘。「意図的操作がなされた可能性も存在し、不適切なデータから誤った結論が導かれた」と結論づけた。

 データの統計解析すべてに、販売元のノバルティスファーマ社の元社員が関与し、「望月元教授は元社員へ依存し、統括的な責任を果たせていなかった」と批判した。

posted by 担当者 at 14:36| 日記

2014年11月30日

ALTA療法/アルタ療法=内痔核硬化療法は切らずに治す痔の治療

ALTA療法/アルタ療法=内痔核硬化療法はメスを使わない、切らずに治す痔の治療法です

痔に直接、注射を打って血管に炎症を起こします。
痔に直接、注射を打って血管に炎症を起こします。

まったく痛くない治療法です。
まったく痛くない痔の治療法です。

肛門の内側に生じるいぼ痔(内痔核)であれば、硬化療法で簡単に治せます。内痔核硬化療法(ALTA療法/ アルタ療法)とは、痔に直接、注射(ジオン注)を打って血管に炎症を起こして痔をつぶすものです。痛みを感じることのない粘膜、粘膜下層に注射しますの で、治療中まったく痛みを伴いません。所要時間は5分から10分程度。もちろん日帰りでできる治療です。

内痔核は大きくなると肛門の外に脱出してきます(外痔核)。硬化療法ができるのは肛門の内側の内痔核のみにす。外痔核に関しては軟膏による治療や切 除で対処します。従来であれば、内痔核も外痔核も切除していたので、欠損部分がかなり大きくなり、痛み、違和感などの患者さんの負担も大きかったのです が、硬化療法は切らない痔の治療法ですので患者さんの負担はかなり少なくてすみます。

ALTA療法/アルタ療法は夢のような治療法なのですが、直腸潰瘍などの合併症の恐れもありますので、施術には専門の資格が必要とされています。当クリニックはこの日本大腸肛門病学会が推薦している認定施設です。現在のところ旧静岡市には痔核硬化療法のできる認定施設は、当クリニックともう1カ所しかありません(09年時点)。

posted by 担当者 at 10:17| 日記

2014年11月27日

統合失調症 千葉市の心療内科・精神科

統合失調症 千葉市の心療内科・精神科

症状や特徴


 統合失調症は、多くの場合思春期や青年期に始まり、幻覚・妄想といったいわゆる陽性症状、感情の鈍麻・自閉傾向といったいわゆる陰性症状を呈します。発症率は0.8%とも言われています。

 症状としては、急性期には会話が成り立たず、被害妄想、幻聴といった思考や知覚の異常、興奮や焦燥といった情動の異常、そして外部から自分が何かをさせ られてしまうといった状態が見られます。一方、慢性期には感情が鈍麻になったり意欲が低下したりといった陰性症状が主体となることが多いと言えます。

 ただ、上記の症状は統合失調症以外の様々な疾患でも起こり得ます。例えば、身体的疾患に起因する場合、薬剤に起因する場合、急性一過性の場合、認知症による場合等があり、注意が必要です。

当院での治療方針

 当院は外来のみのクリニックであり、外来での治療であれ往診・訪問による治療であれ、一定程度以上に症状が重くない、すなわち自傷他害の恐れがな く、本人自身や周囲のサポートにより生活することができることが必要となります。ご相談をいただき、診察させていただいた上で、必要に応じて入院病床をも つ専門の医療機関をご紹介することもあります。

 そのことを前提とした上で、当院では、統合失調症であったとしても、可能な限り自宅や地域で生活していただくことが基本であると考えています。住み慣れた自宅や地域で生活していただくことこそが、統合失調症という病気の治療によい効果を発揮すると思います。

 患者様が急性期に病態にあるときは、興奮や幻聴、妄想などの陽性症状を改善して生活機能が安定することを目的として、必要な抗精神病薬を処方することとしています。

 急性期には、お薬を使うことが症状の悪化を防ぎ、早期の回復につながることになります。数多くの抗精神病がありますが、非定型抗精神病薬を基本として、 患者様の身体的状況(血液検査等を行います)を勘案しながら、効果が出やすい一方副作用が少ないお薬を処方します。また維持期(安定期)には、服薬中断や 社会上のストレス増大により症状が悪化しないよう、必要最小限のお薬をご相談しながら処方することとしています。
posted by 担当者 at 12:58| 日記

2014年11月24日

双極性障害 躁うつ病 椿森クリニック

双極性障害(躁うつ病)
症状や特徴


  かつては躁うつ病と呼ばれることが多かったようですが、最近は双極性障害と呼びます。経過の中で、躁病相とうつ病相の両方の症状を呈します。うつ病相での症状は、基本的にうつ病と同じ症状です。

  躁病相の症状は、睡眠時間が減って夜中の行動が多くなる、次々とアイデアが浮かぶ、爽快感や幸せな気持ちになる、カード等で高額な買い物をしてしまう、自尊心が大きくなったり誇大妄想等が見られ、感情の高揚を中心として、思考・意欲・行動の各面において抑制が効かない状態を呈します。

  双極性障害には、典型的な躁病エピソードとうつ症状を呈する双極T型障害と、軽躁状態とうつ状態を呈する双極U型障害に分けられます。

当院での治療方針

 躁状態の場合には、患者様は気分が高揚して病識がなくなり、薬をしっかりと服用されないことが多くなります。したがって、日常の診療の中で、患者様と主治医の信頼関係をしっかりと構築しておくことが重要であり、精神状態が悪化したときには、この信頼関係が出来ているか否かが重要な鍵となります。

  薬物療法としては、躁病相の場合は炭酸リチウム(リーマス)とオランザピン(ジプレキサ)、アリピプラゾール(エビリファイ)等の抗精神病薬を中心に処方することになります。

  うつ病相の場合は炭酸リチウム(リーマス)とラモトリギン(ラミクタール)、バルブロ酸ナトリウム(デパケン)、ラモトリギン(ラミクタール)等の気分安定薬について、併用に注意しながら処方することになります。ただ、これらの薬剤(特に炭酸リチウム)は血中の薬物濃度を定期的に測定しながら処方することになります。

  ラモトリギン(ラミクタール)は、うつ病相での抗うつ効果や再発防止効果がありますが、皮膚や粘膜の病変が出現することもあるので、少量から慎重に用いることになります。興奮等が強いときには、オランザピン(ジプレキサ)等の抗精神病薬を用いることもあります。

  うつ病に比べて双極性障害のうつ病相の方が薬の効き目が弱いことが多いようです。また躁病相に転換する危険性もあることから、使用中は十分に注意して、躁転の兆しがあれば、すぐに抗うつ薬を減量・中止します。

  双極性障害は、再発しやすいという特徴があります。再発を繰り返すほど、症状は激しくなることから、双極性障害の治療では、病気のコントロールが最重要課題となります。
posted by 担当者 at 11:40| 日記

2014年11月22日

椿森クリニックの特徴 千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア

当クリニックの特徴 千葉市の心療内科・精神科

メンタルと内科が担当です。症状、年齢、性別を問わずご来院ください。

若者2人.jpg
 当クリニックの診療科は、心療内科、精神科、内科と幅広い内容です。
当クリニックには、軽い不眠や不安の方、気持ちがすっきりしない方、長い間メンタル治療を続けておられた方がお見えになります。
 また風邪等の症状の方も受診されます。幅広い方を対象にしているのが、当クリニックの特徴です。もちろん、当クリニックで対応できないような場合には、最も適切な医療機関等をご紹介させていただきます。





白衣やユニフォームではなく、普段着で対応させていただきます。

pic_g168.jpg
 当クリニックの職員は白衣やユニフォームを着ておりません。
その理由としては、お越しいただいた患者様に少しでもリラックスしていただけるように、そして悩んでおられることや辛い症状を気軽に話していただけるようにすることが目的です。
 これは、医師も同じであり、診察の際も医師は普段着で対応させていただきます。

診察待ちや診察の間、リラックスして時間を過ごしていただきます。

たき.jpg
 当クリニックの受付や待合室、診察室等には、お越しいただいた患者様が少しでもリラックスしていただけるよう、花や樹を配置しています。特に待合室は緑の色調を多用し、鳥のさえずりや小川のせせらぎ、オルゴールの音色や静かなクラッシック音楽を流しています。
 このようにすればもっとリラックスできる等のリクエストをお待ちしています。

働いている方々の強い味方です。

サラリーマン.jpg
 私は、ソニー株式会社をはじめ、複数の企業での産業医経験があり、また現在も産業医活動を続けています。
働いている方々の中で、職場環境や人間関係、仕事の難しさや責任感等の理由から心身面の体調を崩され、仕事に行きづらい、行けない等の方々を多数フォローした経験があります。
 患者様のご希望に応じ、必要があれば人事担当者や会社産業医等とも連携をとりますので、遠慮なくお話しいただければ幸いです。

福祉サービスやサポートが必要な方は、適切なサービスを紹介します。

hukusi.JPG
 当クリニックは医療法人社団椿森会の一翼を担っていますが、同法人は介護保険サービスをはじめ、医療以外のサービスも担っています。
 ケアマネージャーが在籍して、相談センターも運営しています。患者様の中には、医療面のみならず、福祉サービスやサポートが必要な方もおられると思います。そのような方々には、患者様のご希望を踏まえ、必要とされるサービスにつないでまいります。

 併設の居宅介護支援事業所では、医療・福祉・介護等の専門知識を持つケアマネージャーが「住み慣れた地域・自宅で自分らしい暮らし」が送れるよう、各種の相談支援を行っております。ご相談は無料です。
(連絡先:043-256-8521椿森会居宅介護支援事業所までご連絡ください。)

 また、併設のデイサービスセンター光では、介護保険制度を利用した通所介護事業を行っております。
「日常生活の中で出来なかったことできるように」なるために、リハビリ中止のデイサービスを行っています。私たちスタッフ一同、ご利用者様が「来てよかっ たな。また行きたいな」と、ご家族様には「通っていて元気になったな。」と思って頂けるよう明るく楽しい時間を共に過ごしたいと思っています。
(連絡先:043-256-8521椿森会デイサービスセンター光(ひかり)までご連絡ください。)

往診や訪問にも対応させていただきます。

sougei.JPG
 患者様には、当クリニックにご来院いただくことと合わせ、体調や身体の具合でクリニックまでお越しいただくことが難しい場合には、時間の許す限り、ご家庭やご利用されている施設等に、医師や精神保健福祉士等が往診・訪問させていただきます。
 往診させていただく場所は、千葉市中央区、稲毛区、美浜区等が中心となりますが、その他の地域(千葉市以外でも)にも、クリニックでの時間が許す限り対応させていただきます。ご希望の場合は、遠慮なくご相談ください。



posted by 担当者 at 13:41| 日記

2014年11月12日

もらい乳、全国の新生児集中治療室(NICU)の25%が実施

 母親の母乳の出の悪さや病気などで母乳をもらえない早産児らに、病気の予防のため、別の女性の母乳を与えるもらい乳を、全国の新生児集中治療室(NICU)の25%が実施していることが、厚生労働省研究班による初の実態調査で分かった。

 殺菌していないもらい乳を通じ、早産児が感染症にかかったとみられる例もあり、研究班は今年度中に殺菌の手順などをまとめた運用基準を策定する。

 松山市で10日から始まる日本未熟児新生児学会で発表される。

 小さく生まれた早産児の場合、母乳は人工乳と比べて、命にも関わる腸炎の発症を減らしたり、消化吸収機能の発達を促したりする効果が高いため、なるべく早くから母乳を与えるのが望ましい。


 調査は今年7月、NICUがある全国179施設に実施した。回答した126施設中、32施設(25%)がもらい乳を使っていた。

  もらい乳は、冷凍保存したものが早産児に提供されるが、低温殺菌していないため、早産児にウイルスや細菌が感染する危険性がある。今回の調査では、もらい 乳が原因と考えられる感染症の有無を尋ねたところ、早産児が感染すると重症化するサイトメガロウイルスと、薬が効きにくいタイプの大腸菌の2件が報告され た。

posted by 担当者 at 23:53| 日記

2014年10月29日

鳥取看護大(鳥取県)、開設「可」と判断

 文部科学省の大学設置・学校法人審議会は29日、来春に予定している大学3校と大学院5校などの開設を認めるよう下村博文文科相に答申した。一方、学校法人「幸福の科学学園」が認可申請していた幸福の科学大学(千葉県)は、学校教育法などに基づき「大学教育を提供できるものとは認められない」として開設を「不可」と判断した。

 来春の開校が認められた大学は、湘南医療大(横浜市)▽長野保健医療大(長野市)▽鳥取看護大(鳥取県)−の私立3校。大学院は、新潟県立大(新潟市)▽田園調布学園大(川崎市)▽金城大(石川県)▽聖泉大(滋賀県)▽藍野大(大阪府)の−公立1校と私立4校に設置を認めるよう答申した。このほか大学など45校で学部や大学院研究科の開設が「可」と判断された。
posted by 担当者 at 17:17| 日記

2014年10月23日

がん細胞を狙い撃ちする新しい分子標的薬か/米シカゴ大の中村教授

がん細胞を狙い撃ちする分子標的薬の新しい有力候補となる化合物を見つけたと、米シカゴ大の中村祐輔教授の研究チームが22日、米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」に発表した。
 中村教授によると、この化合物を使ってマウスで実験したところ、肺がんが完全に消えたという。
 研究チームは、がん細胞の増殖で重要な役割をする「TOPK」というたんぱく質に注目。30万種類の化合物の中から、TOPKの働きを妨げる化合物を探し出した。
 この化合物を、肺がんのマウス6匹に週2回ずつ3週間、注射した。すると、5匹のがん細胞は、最初の注射から25〜29日後に完全に死滅した。TOPKの働きが妨げられ、がんの細胞分裂が止まったとみられる。化合物をそのまま投与すると白血球が減るなどの副作用があったが、化合物を脂質の膜で包む改良を加えると、副作用は小さくなったという。
posted by 担当者 at 16:55| 日記

2014年10月18日

関節リウマチの原因は「T細胞」が特定のたんぱく質に異常な攻撃を行うこと/京都大再生医科学研究所

関節が腫れて痛む関節リウマチは、免疫の司令塔と呼ばれる「T細胞」が特定のたんぱく質を標的に異常な攻撃を行うことが原因で発症すると、京都大再生医科学研究所の伊藤能永助教らの研究グループが発表した。マウスを使った実験の成果で、新たな治療法の開発につながる可能性があるという。論文は17日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
 研究グループによると、T細胞は外部から侵入したさまざまな病原体から身を守る働きをする。関節リウマチなどの自己免疫疾患は、免疫システムが誤って自分の体を攻撃することが原因とされてきたが、標的となるたんぱく質の特定は難しかった。
 研究グループは、関節リウマチを自然に発症するマウスを詳しく調べ、たんぱく質を特定。人間の関節リウマチ患者でも、同じたんぱく質に対する免疫反応が確認された。
 伊藤助教は「T細胞を取り除くことで、関節リウマチの発症を防ぐことができる。新たな治療法や予防につながる可能性がある」と話している。
posted by 担当者 at 23:13| 日記

2014年10月11日

スペイン・マドリードの病院でエボラ出血熱に感染した看護師「手袋で顔をこすった」

ロイター通信によると、スペイン・マドリードの病院でエボラ出血熱に感染した看護師の治療にあたっている担当医は8日、記者団に対し、看護師が病室で使用した防護用手袋で顔をこすった際に感染した可能性があるとの見方を示した。

 この病院には9月22日、シエラレオネでエボラ出血熱に感染した神父(25日に死亡)が入院し、看護師はシーツ替えなどで2度、接近したとみられている。担当医は「看護師が手袋で顔をこすったと話した。3度確認した」と述べた。

 看護師は現在、この病院で隔離治療を受けており、エル・パイス紙の電話インタビューで「防護服を脱ぐときに、間違いがあった」と認めた。

 この病院では8月にも、リベリアでエボラ出血熱に感染した別の神父が入院、死亡している。スペイン政府は治療関係者や看護師の夫など、約50人の経過観察を続けている。看護師はアフリカ大陸以外でエボラ出血熱の感染が確認された初のケースとなった。

posted by 担当者 at 13:01| 日記

2014年09月27日

ピロリ菌は全胃がんの78%

 胃がんの発症につながるとされるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)について、世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関の作業部会は、全世界の胃がんの約8割はピロリ菌の慢性的な感染が原因とする報告書をまとめた。

 ピロリ菌の除菌で胃がん発生の危険性が30〜40%減る可能性があることから、各国がピロリ菌を考慮した胃がん対策をとるよう勧めている。

 報告書では、ピロリ菌は全胃がんの78%、特に日本人に多い、噴門(ふんもん)部(胃と食道のつなぎ目の部分)以外の胃がんでは89%がピロリ菌が原因と推定されるとした。除菌の効果は、まだ十分なデータがないものの、これまでの研究結果の解析では胃がんの発生を30〜40%減少させ、1人が1年にかかる医療費も削減する効果が出ているとした。

 ピロリ菌対策として、日本では昨年から内視鏡で慢性胃炎と診断された人に除菌治療を保険適用で行うなど、各国の取り組みを紹介。一方で、除菌によって抗生物質の耐性菌が増える可能性なども示し、「各国が患者数や医療優先度、経済効果の分析をした上で、ピロリ菌の検査と治療戦略を地域ごとに模索することを勧める」と結論づけた。

 胃がんは日本人が最も多くかかるがんで、死亡者数も肺がんに次ぎ2位。世界では年間約100万人が発症する。
posted by 担当者 at 09:54| 日記

2014年09月19日

神経障害性の痛みの治療薬「リリカ」(一般名・プレガバリン)に重い副作用

 厚生労働省は、神経障害性の痛みの治療薬「リリカ」(一般名・プレガバリン)を服用した後、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症する症例が確認されたとして、製造販売元のファイザーに対し、二つの副作用への注意を促す記述を薬の添付文書に加えるよう指示した。

 同省などによると、過去3年間に劇症肝炎や肝機能障害の副作用が確認された患者は計11人。このうち、劇症肝炎で死亡した1人と、肝機能障害の7人については、因果関係が否定できないという。

 リリカは、帯状疱疹(ほうしん)後の神経痛や線維筋痛症などの治療に用いられる。
posted by 担当者 at 09:15| 日記

2014年08月30日

東北薬科大に医学部 「東北医科薬科大」に改称し

 東北への医学部新設を巡り、文部科学省の構想審査会は28日、東北薬科大(仙台市)への設置を決めた。

 医師不足の解消や、災害医療に対応できる医師の育成などの構想が評価され、大学側は喜びに沸いた。一方、審査会は県の構想について「準備不足」と指摘、関係者の間には落胆が広がった。

 「これまでの実績が認められた。大きな喜びを感じるとともに、身の引き締まる思いだ」

 薬科大の高柳元明学長は28日夜、同大で記者会見し、感慨深げに語った。「震災復興のための設置で、今までの医学部とは違う」とも述べ、地域・災害医療に対応できる総合診療医の養成を目標に掲げた。
posted by 担当者 at 13:38| 日記

2014年08月18日

「子宮移植」倫理指針をまとめる

 子宮がなくて出産できない女性への「子宮移植」を検討している慶応大や京大などのプロジェクトチーム(PT)が、実施に向けた国内初の倫理指針をまとめたことが明らかになった。

 17日に公表する。海外では早ければ年内にも子宮移植による初の出産が期待されており、国内でも早い段階で環境整備が必要と判断した。

 移植対象者は、生まれつき子宮がなかったり、子宮がんなどの病気で子宮を摘出したりした女性。国内に20〜30歳代だけで推計6万〜7万人いるとされる。

 指針は10項目。〈1〉提供者は、心停止した人や脳死者のほか、母親など親族も想定〈2〉生体移植では自発的な意思決定による提供とする〈3〉営利目的による斡旋(あっせん)などを行わない――などとした。

 子宮移植は、体外受精させた受精卵を凍結保存しておき、移植後に受精卵を戻して妊娠、出産させる。

 海外では2000年から11人に移植が行われている。関係者によると、うち7例が成功したスウェーデンでは年内にも出産する可能性があるという。日本では慶応大などのチームが12年、子宮を一度摘出し、再び移植し直したサルで出産に成功している。

 指針は、今年3月に産婦人科医らが発足させた「日本子宮移植研究会」や関連学会などで討議される予定だ。
医学・倫理面で幅広い議論を

 生まれつき、または、病気で摘出して子宮がない女性が我が子を抱ける方法には代理出産と養子縁組がある。日本で原則禁止されている代理出産は、海外でビジネス化されるなどして問題となっている。その中で、子宮移植は新たな選択肢となる可能性がある。

 しかし、実施までにはまだ多くの課題が残る。臓器を移植した場合、拒絶反応を防ぐために投与する免疫抑制剤の影響など今後解明すべき点もあり、まずは移植した子宮内で安全に子どもを育てる方法の確立が急務だ。また、臓器移植法など現行の法律を適用するのか、議論はこれからだ。子宮は心臓のように命に関わる臓器ではないため、生殖のための臓器移植が妥当なのか議論もある。子宮移植を望む患者の母親が、子宮の提供を暗に求められる危険性もある。
posted by 担当者 at 09:05| 日記

2014年08月05日

救急隊員が、生きている50歳代女性を死亡と判断

 青森消防本部は1日、青森市内に出動した中央消防署の救急隊員が、生きている50歳代女性を死亡と判断して引き返したため、搬送が約14分遅れたと発表した。

 女性は脳疾患で入院している。

 発表によると、7月31日午前、「数日前から女性の姿が見えない」と付近住民から通報を受けた県警青森署員が、自宅で倒れている女性を発見。午前9時14分に119番した。同20分に救急隊員3人が到着したが、男性救急隊長(41)は体に触れて冷たいと感じたため、「死亡状態」と判断。呼吸や脈拍は確認せず、署員に引き継いで現場を離れたという。

 ところが、同30分に同署から「うめき声を上げ、脈もある」と再度の119番を受けた。同34分に救急隊員が戻り、女性を搬送した。
posted by 担当者 at 17:12| 日記

2014年07月24日

10年間に熱中症で死亡した人は7344人

 昨年までの10年間に熱中症で死亡した人は7344人で、その前の10年間に比べて2・7倍に増えたことが、厚生労働省の調査でわかった。

 熱中症は今年も高齢者を中心に多発の兆しを見せ、6月の救急搬送者は昨年より8・7%多い4634人に上った。間もなく夏本番。医師らは、「かくれ脱水」と呼ばれる前兆現象に気づくことが予防につながると訴える。

 19日午後、東京都大田区内で、高齢者約100人が参加して開かれた、熱中症対策を学ぶセミナー。「のどが渇いたと思った時には、既に体重の2%分の水分が失われている」。講師は熱中症の前兆となる脱水症状が起きる仕組みを説明し、渇きを感じる前に水分を補給することの重要性を訴えた。会場にいた小沢和代さん(76)は「トイレが近くなるから寝る前は水を飲まないが、夜中によく足にこむら返りが起きていた。疲れのためと思っていたが、脱水症状だったと指摘され、驚いた」と話した。
画像の拡大

 厚労省によると、熱中症による死者は2004〜13年の10年間に7344人で、2707人だった03年までの10年間から激増。記録的な猛暑だった10年には1731人、昨年も1076人が年間に亡くなった。

 発症者自体も増えている。総務省消防庁によると、昨年は6〜9月に、10年の調査開始以来最多の5万8729人が救急搬送された。今年も、6月の搬送者数が過去2番目の多さとなったほか、今月13日までに14人が死亡し、搬送者の総数は9300人に上っている。

 搬送者のうち4411人(47・4%)は高齢者。医師らによると、高齢者に多いのは体内の水分量が少ないためで、炎天下だけでなく、夜間も室温が下がりにくいコンクリート造りのマンションも要注意という。
posted by 担当者 at 17:19| 日記

2014年07月14日

「心房細動」に対する新たな手術「経皮的カテーテル心筋冷凍焼灼術」

 筑波大学付属病院(茨城県つくば市)は11日、不整脈の一種「心房細動」に対する新たな手術を、1日に国内で初めて実施したと発表した。

 手術時間は病院などで異なるが、従来法で3時間半程度だったのが、2時間半程度に短縮できるという。

 手術を行ったのは、同病院循環器内科の青沼和隆教授らとカテーテル検査室のチーム。心房細動の患者は高齢者が多く、肺静脈の異常が原因とされる。心臓の動きは電気信号が関わるが、従来は電波を使って肺静脈と心房間の電気の流れを断ち切る手術が行われてきた。

 新たな手術方法は「経皮的カテーテル心筋冷凍焼灼(しょうしゃく)術」。カテーテル(細い管)を血管内に通して肺静脈に到達させ、肺静脈と心房の間を冷却して電気が通らないようにする。1日から保険適用されている。

 手術を受けたのは千葉県我孫子市の男性(70)で、術後の経過もよく4日に退院したという。
posted by 担当者 at 23:10| 日記

2014年07月06日

子宮頸がんワクチンの副作用、176件報告

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に体の痛みなどの重い症状が出ている問題で、厚生労働省は4日、検査しても原因が分からない痛みや運動障害などの副作用が、2009年12月から今年3月末までに176件報告されていることを、同日開かれた有識者検討会で報告した。

 同省によると、医療機関やワクチン製造販売業者が報告した重い副作用は617件あり、脳脊髄炎や、アレルギー反応による呼吸困難、じんましんなどが確認されている。

 このうち、原因となる病気が特定できないのに、広範囲に広がる慢性的な痛みや手足の動かしにくさなどの症状が表れ、子宮頸がんワクチン接種後の副作用として特に問題になっている症例は176件だった。

 子宮頸がんワクチンは、昨年4月から国が接種を勧める定期予防接種となったが、重い副作用の報告が相次いだ。厚労省は同年6月にワクチンの接種を積極的に勧めることを中止しており、この日の検討会でも引き続き議論を続けることを確認した。

 一方、昨年6月以降の接種者は月に約2000人で、同省は今後、接種後の危険性や注意点などについてまとめた手引を作成し、接種を受ける子どもや保護者などに情報提供を進める。
posted by 担当者 at 16:23| 日記

2014年07月05日

iPS細胞世界初の臨床研究リーダーが、研究中止をほのめかす書き込み

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の臨床研究を進める理研発生・再生科学総合研究センターの高橋政代・プロジェクトリーダーが2日、簡易投稿サイト「ツイッター」に研究中止をほのめかす書き込みをした。しかし同日夜には、「臨床研究は予定通り遂行します。お騒がせして申し訳ありません」とのコメントを発表した。
posted by 担当者 at 09:57| 日記

2014年07月02日

「血栓性血小板減少性紫斑病」の新薬の開発が難航 

 体内で血が異常に固まりやすくなり、脳梗塞や腎不全を起こす「血栓性血小板減少性紫斑病」の新薬の開発が難航している。

 患者が少ないため、薬事承認を得る臨床試験(治験)に参加する患者の獲得が進まないからだ。有望な薬が使えないと命が救えないと、医師は危機感を募らせている。

 同病の年間の発症者は約400人。主な治療は血液3リットルを毎日入れ替える血漿(けっしょう)交換療法だが、治らない患者も1〜2割いる。一時良くなっても、3〜5割が再発する。悪性リンパ腫の治療薬リツキシマブが、原因を作る悪い免疫細胞を取り除くことが分かり、海外では9割以上が治っている。

 しかし国内では使用を認められておらず、難治・再発患者に対するリツキシマブの治験を、埼玉医大教授の宮川義隆さんが厚生労働省と計画。今年1月から、13病院で6人の患者の募集が始まった。

 しかし、現在まで参加の同意を得た患者は埼玉県と北九州市の3人。短期間で悪化することもあり、血液専門医に連絡が入らないためとみられる。

 治験は12月末で終わり、6人に達しない場合、薬事承認の可能性がなくなる。
posted by 担当者 at 12:04| 日記

2014年06月30日

痛くない整体 自然整体院桑原

痛みは身体の赤信号! Edit

まだ我慢しますかその痛み!!
回すだけ、揺らすだけ、触れるだけ

軽くゆらすだけ

軽くまわすだけ

軽く触るだけの

       痛くない整体です

押したり、揉んだり、叩いたりする今までの常識とは違う療法です

痛くない・怖くない整体で骨格をバランス調整します

当院に来た皆さんこう言います

痛くない整体だ・・・と安心します

怖くない整体だ・・・とホットします

こんなに静かなやり方でよくなるの・・・聞かれます

体がスッキリした・軽くなった・・・と言われます

目の前が明るくなった・・・と言われます

不思議な整体だ・・・お客様の間で話題になります

自然整体院桑原 石岡市・水戸市から高速ですぐ
posted by 担当者 at 08:46| 日記

2014年06月27日

生殖補助医療法案

 自民党・生殖補助医療に関するプロジェクトチーム(PT)座長の古川俊治参院議員が13日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、PTがまとめた生殖補助医療法案について「秋の臨時国会で法案を提出し、来年の通常国会での採決を目指す」と述べた。

 生殖補助医療では、女性が海外で代理出産に踏み切ったり、卵子提供を受けたりするケースが多く、ルール作りを求める声が上がっている。一緒に出演した日本生殖医学会の吉村泰典理事長は「法律では、親子関係を明確にしていただきたい」と注文を付けた。
posted by 担当者 at 21:44| 日記

2014年06月23日

鳥取県は「県議の社福王国」

鳥取県の中ほどにある倉吉市には、江戸から明治にかけて建てられた白壁の土蔵など古い街並みが残る。

 6月半ば、約5万人が住むこの街の郊外を社会福祉法人「みのり福祉会」の村田実前理事長(76)が前事務長を従えて回っていた。

 村田氏は県議会議長も務めた県政の実力者だった。だが、2011年の県議選で落選し、復活を期す。

 「施設の入居者の7、8割は後援会員の家族だし、地域のためにこれからもがんばって施設をつくると言って回っている」

 鳥取県は「県議の社福王国」だ。社福理事長を歴代議長の7人が務めていた。ここ10代では5人もいる。

 こうした元議長が運営する社福3法人がこの数年で、立て続けに県から改善を命じる行政処分を受けた。理事長らが私物化している例があると認定されたからだ。村田氏のみのり福祉会もその一つだった。

 倉吉市郊外に、みのり福祉会が運営する特別養護老人ホームなど20あまりの施設の多くが集まる「福祉の里」がある。県は11年9月、ここから村田氏側に多額のお金が流れていたとして処分を出した。

 県が指摘した仕組みの一つが、特養の駐車場や菜園、園庭などから得る「高額な賃貸料」だ。

 村田氏や親族の土地をみのり福祉会に購入させながら、所有者の名義を変えず貸し出す形にしていた。賃貸料として毎年800万円近い金が払われたという。

 社福の運営と県議の活動を混同する例もあった。県の調べでは、みのり福祉会から村田氏の支援者らの葬儀の香典代として約630万円も出されていた。

 みのり福祉会が運営するグループホームの元職員(53)は選挙にかり出された経験がある。「上からの指示で戸別訪問や後援会の名簿づくりをやらされた」

 名簿集めのノルマは200人だったという。投票日の1カ月前になると、自分が住む地区の支持者宅などを回り、勤務時間中も入居者が昼寝をする午後に出かけた。

 障害者施設の元職員(69)は、後援会長といっしょに金を配ったこともあるという。金は後援会長が持ってきたが、「施設で余った金ではないかとみんなで話していた」と語る。

 鳥取県東部の八頭(やず)町にある社福「やず」も13年9月、県から処分を受けた。議長を務めた山根英明元県議(81)が理事長をする。

 やずでも「高額の賃貸料」が問題になった。山根氏の土地を山根氏の建設会社グループの関連会社が買った後、やずが特養の駐車場に使って賃貸料を払っていた。その関連会社の社長は山根氏の次男だった。

 「土地を関連会社が買っていたとは知らなかった。賃貸料も試算した額より7割ほど高かったが、理事長から『まあそうせえや』と。従うしかなかった」。元専務理事はそう話す。

 長男と次男がほとんどの株式を持ち、役員をしていた食品販売会社にも金が流れる仕組みができていた。施設の給食や食材などはこの会社を窓口にして購入され、この会社には「加工代」の名目で納入価格に10〜15%が上乗せされた分が施設から支払われていた。

 その分の総額は06年から計2170万円に及ぶ。だが、購入していたのは、加工する必要のない調味料や健康飲料、切り身の魚などだったと県は指摘する。
posted by 担当者 at 11:45| 日記

2014年06月13日

透析チューブを引き抜き、殺害しようとした腎臓内科医師逮捕

 人工透析中の男性患者の透析チューブを引き抜き、殺害しようとしたとして、警視庁町田署は12日、東京都町田市中町の「あけぼの第二クリニック」所長で、腎臓内科医師の橋爪健次郎容疑者(49)(東京都町田市小川)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 橋爪容疑者は調べに対し、「相手は誰でも良かった。死刑になりたかった」と話しているという。男性は自分ですぐに異変に気づき処置され、命に別条はなかった。

 発表によると、橋爪容疑者は11日午後8時20分頃、同クリニック3階の人工透析室で、人工透析をしていた50歳代の男性患者の透析チューブを引き抜き、殺害しようとした疑い。

 橋爪容疑者は事件直後に、自分で車を運転して同署に出頭。その際、着ていた普段着には血液が付着していたという。

 橋爪容疑者は男性の担当医。人工透析の装置側につながっている透析チューブを引き抜き、そのまま部屋を出て行ったという。男性は血液が流れ出していることに気づき、近くの医療スタッフが処置するなどし無事だった。

 同署によると、橋爪容疑者は当日、出勤日だったとみられる。事件があった人工透析室には当時、約10人の患者が透析を受けていたほか、医療スタッフも複数いた。

 同クリニックの職員は読売新聞の取材に「詳細な状況は説明できない」と話している。

 同クリニックは、外来で血液透析を専門に行う施設として、1999年に開設された。2010年には、人工透析中の女性(当時73歳)が大量出血して死亡した事故があり、勤務していた男性看護師が今年2月、業務上過失致死の疑いで東京地検立川支部に書類送検されている。
posted by 担当者 at 22:19| 日記

2014年06月09日

お薬手帳を断れば、薬局の支払いが20円安くなる

 「お薬手帳を断れば、薬局の支払いが20円安くなる」。医療の値段である診療報酬が4月に改定されたことを受け、インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でそんな情報が広がっている。薬剤師などの医療従事者からは「自分の健康を守る手帳なのに、安くするために断るという考え方はなじまない」と戸惑いの声が上がるが、現場では手帳を断る患者が増えている。薬局側は「有用性を分かってもらうことが大切」として説明を強化し、理解を広げたい考えだ。
posted by 担当者 at 01:06| 日記

2014年06月08日

漏斗胸治療の補助制度

 漏斗胸専門サイトをオープンしました!
当院の漏斗胸治療について、より詳しくお知りになりたい患者さまのために、漏斗胸専門サイトをオープンしました。
 漏斗胸治療の補助制度、心臓ドック、下肢静脈瘤について
心臓病の早期発見のために「心臓ドック」と毎日の健康のため「人間ドック」、足の静脈が盛り上がる下肢静脈瘤治療も行っています。
高額療養費制度や自立支援医療といった補助制度をご利用して漏斗胸治療を行うことも可能です。ぜひお気軽にお問い合せください。

posted by 担当者 at 12:24| 日記